JONSEREDリサイクリングクレーンの選択

リサイクルは今や一大ビジネスです。持続可能性と有用性を考慮に入れた、責任ある廃棄物の取り扱いに対する需要は、これまでになく高まっています。作業の対象がスクラップヤードの金属であれ、バイオ発電所の木材であれ、あるいは建築現場の廃材であれ、適切なクレーンをお選びになることで、これまでにない変化をもたらすことができます。

お客様のニーズについて調べ、それらを満たす製品を特定する際には、以下の質問がよく用いられます。

1.作業において主にどのようなニーズが存在しますか?
お客様は概して、重または軽リサイクル事業のどちらに携わっていますか?スクラップ用の自動車や、公共道路工事の廃棄物を運搬していますか?あるいは多様な資材を取り扱うことが求められていますか?クレーンの選択は、当然ながらお客様の基本的なニーズについて考慮することから始まります。個々のお客様の状況に応じてクレーンを構成することで、安全かつ効率的に日々の作業をこなせるようになります。

2.どのタイプのブームが作業に適していますか?
ブームのタイプもまた、クレーンの選択における基本的な要素となります。Sブームは直線状であり、部分的に折りたたまれています。このタイプのブームは最高の吊上げ能力を誇ります。

3.吊上げる資材の量はほぼ一定ですか?あるいは、時にはより重いものを吊上げる能力が求められますか?
リサイクルクレーンの吊上げ能力は 10~ 16トンメートル が一般的ですが、より激しい作業に向けて能力を一層高めることも可能です。Sブームを備えたクレーンは、高い能力を発揮します。

4.どれくらい遠くまで届く必要がありますか?
短いブームは利便性に富んでいますが、作業においてより柔軟性が求められる場合、伸縮性のブームについて検討してみるのもよいかもしれません。

5.バケットまたはグラップルが必要ですか?どのサイズを選ぶべきですか?
公共事業における軽リサイクル作業では掘削作業を伴うことが多くあるため、クレーンにバケットを装備させることが最適な選択肢となります。 ただし、より重い資材を運搬する場合にはグラップルが望まれます。双方とも、お客様の作業のニーズに応じて各種サイズをご用意しています。

6.操縦時の視界を最大限にするには?
リサイクル事業において効率的かつ安全な作業を実現するうえで、広い視界は重要な鍵となります。どうすれば邪魔のない最良の視界が得られるかは、さまざまな操縦ユニットを比べてみるまでわからないこともあります。

7.スマート機能を追加して作業をより安全かつ容易なものにできますか?
すばやく作業を行う際には安全性が欠かせません。特殊機能によって、性能だけでなく、オペレーターの安全も高まります。たとえば、クレーンの安定性を徹底し、過積載を防止するようなシステムを搭載すれば、作業を効率化しつつ、オペレーターの安全も守ることができます。作業をより簡単に、より快適に、そして何よりもより安全にするために、どのような機能をご利用になれるか販売代理店までお問い合わせください。

8.これらのクレーンに特化した最寄りのサービス地点はどこにありますか?
巨大な重量資材をすばやく運搬する際には、装置が過酷な状況にも耐えられる状態になっていることを確認しなくてはなりませんが、通常の摩耗についても考慮に入れる必要があります。お客様はどこにいらしても、弊社のサービスネットワークに常にアクセスできるようになさり、必要時には、クレーンのニーズとリサイクル事業に特有の要件について知り尽くした専門家のサポートを受けられる状態にしておいてください。

 

 

 

Din sökning på "" gav träffar.

Searching

×
×